メニュー
ホーム
青年会議所とは
情報公開
理事長所信
委員長方針
委員会紹介
メンバー紹介
事業報告

リンク
メンバー用


社団法人 綾部青年会議所
〒623-0016
京都府綾部市西町2丁目94番地
TEL(0773)42-0489
FAX(0773)43-2489


社団法人 綾部青年会議所  Webサイト


理事長所信
第47代理事長 岸見 第右

はじめに

 創立以来半世紀を越え、活動を続けてきた社団法人 綾部青年会議所はこのまちの発展に大きな足跡を残してまいりました。これは、先輩諸兄が築き上げてこられた信用・信頼の基、関係諸団体のご理解・ご協力によるものです。感謝申し上げると共に、今後もそれらに背くことなく会員一同全力で活動に勤しむことをお誓い申し上げます。


青年としての責任

 青年会議所は、20歳から40歳の限られた年齢の青年で構成されています。この年齢層は企業内・地域社会において、次代を担うリーダーとしての資質を求められています。我々は、その社会的期待を全うすべく、自己を磨き、地域社会のリーダーとなるべく素養を積むべきだと考えます。今だから、青年会議所だからこそ出来ることを考え、事業に取り組んでまいります。想いをもって、何かを成し遂げようとしたとき、時には壁にぶつかり、苦いおもいをすることがあるかもしれません。しかし、恐れず、それを乗り越え、目標を達したとき、新たな自分に出会えるのです。信じるものに突き進み、考えを主張し、行動することこそ青年としての責任と考えます。我々は能動的に行動し、小さくとも、しっかりとした目標に対し、常に向き合ってまいります。


コミュニケーションの重要性

 “IT”という言葉が使われるようになって何年が過ぎたのでしょう。“IT”は現代社会に大きな影響を与え、日常の生活に大きな変化をもたらしました。その変化は、我々の生活を豊かにし、大きな情報を瞬時にやり取りが出来ることを可能にしました。しかしながら、その情報交換にはコミュニケーションがあまりにも欠落し、あたかもそれが楽のような生活状況になっています。元来、人は目を見て、耳をすましながら、会話の中で多くのことを得ることと同時に、その情報以上に大事な“もの”を得ることが出来ます。我々が利便性を求めつづけることで、失った“もの”は大きいのです。我々は、今一度、広報・広聴を通じ、コミュニケーションの重要性を感じ、心と心が通じ合う中でしか生まれてこない絆を大切に、活動を展開してまいります。


青年経済人として

 昨今、企業倫理に欠けた事件が多発し、企業として、事件の内容そのものは勿論のこと、事後処理のあり方も問題視され、経営者としてのあり方が問われています。
 青年会議所メンバーは次世代を担う青年経済人の集まりです。既に、経営者として企業のトップで活躍するメンバーもいます。地域社会を支えていく上で、経済人の果たす役割は大きいものです。しかし、それらを果たす経営者として、根本に自身の経営基盤がしっかりとしていなければなりません。経営者は自社の健全運営が第一の目的です。その上で、地域の信用を得て、地域社会への貢献が出来るものだと考えます。我々は、経営者・次期経営者としての意識と資質を高め、地域社会において信用を得られるよう、事業を展開してまいります。


愛綾心の育み

 青年会議所活動は全世界に広がり、多くのメンバーが各地域において活躍しています。社団法人 綾部青年会議所も長年にわたり、このまちの発展のために活動を続けてまいりました。まちのあるべき姿を考えていく上で、何よりも大切なことは、このまち“綾部”を愛すること、“愛綾心”を育むことだと考えます。“愛綾心”を育むには、このまちのことを知ることが必要です。このまちは素晴らしい歴史と山紫水明に彩られた豊かな自然を有し、世界に先駆けた平和推進のまちです。我々はより“綾部”を知り、愛する心を育み、多くの人に伝える使命があります。
 また、今、地域社会を考えるものとして、未来の“綾部”を担う青少年に対して、伝えていかなければならないことがあると考えます。我々は改めて、青少年への働きかけを考え、出来得るならば、青少年自身がまちづくりを考える形が構築出来れば、それこそが、青年会議所が取り組み続けてきたAOY(ACCENT ON YOUTH―青少年への働きかけ)の推進だと考えます。


おわりに

 私が社団法人 綾部青年会議所に入会させていただき、13年が過ぎました。振り返ってみれば、たくさんの経験の中で大きな学びを得ることが出来ました。これは、仲間の助けあってのことです。先行き不安なときには、助言をしていただいた先輩がいました。人手が必要なときには、仕事が忙しい中、手伝ってくれた仲間がいました。そこには互助の精神があったのだと思います。個人の職分だけでなく、横のつながりの中で、助け合う姿があったのです。現在、メンバー数が減少している状況ですが、より多くのメンバーを迎え、一人ひとりが手を携え、活動に取り組めば、大きな成果を収めることが出来ると確信しています。青年会議所は無限の可能性を秘めた団体です。現実を鑑み、理想を追求し、未来を創造してまいります。



基本方針

1、愛綾心の育み
2、青年経済人としての資質の向上
3、広報・広聴の充実
4、会員拡大

Copyright©2008 Junior Chamber International Ayabe  Kyoto,Japan All rights reserved.